STAFF BLOG

ヒロシゲスタッフのブログです♪(不定期更新)

こんにちは!宇部店スタッフ三好です!

先日防府方面にサイクリングに行ってきたので、その様子をお届けします!

写真多めで、思ったより長くなりそうなので、2回に分けてしっかりお届けしたいと思います!

今回目指したのは、防府市の南にある島、向島(むこうしま)!

その向島にある、「立岩稲荷」を目的地として行ってまいりました!

 

スタート地点

 

スタートしたのは、佐波川を渡った先にあるこちらの駐車場。

家から自転車でスタート…でもいいのですが、車に積んでスタート地点まで移動すれば、いろいろ行けるところが増えますからね!

車輪が簡単に外せて、車に乗せやすいスポーツバイクならではの楽しみ方だと思います。

 

ルート

 

ルートはこんな感じ。向島に入島するまでは、あまり登りはありませんが、向島内はほぼ登り…覚悟していきましょう(‘◇’)ゞ

防府新大橋をバックに出発写真を撮ったらレッツゴー!今回はグラベルバイクでのんびり行きます!

(…実はこの写真を撮る前に、強風で煽られ倒れてしまったマイバイク…ごめん(:_;))

 

いざ出発!

気を取り直して、いざ出発!

県道58号、防府環状線をそのまま走ってしまうと、大型トラックなど交通量が多いので、今回は県道に沿うように走っている農道を通りました。ご覧のように車はほぼ通らず、ドフラット。う~ん、快適です。

そのまま比較的走りやすい道を3kmほど進むと、県道58号に合流します。

途中、マツダ防府工場の前を通ります。

ここからしばらくは大型トラックがかなり多くなるので、気を付けて走りましょう。

マツダ工場を過ぎて少し進むと、登り坂が始まります。

こんな感じで路肩も狭く、車道を走るのは危険と判断、歩道内、車道寄りを徐行して通ります。

そんなに長くないのぼりが終わると、少しだけ下ります。

下った先にあるのがこのトンネル、ここも車道は大型車がガンガン通っていくので、歩道を通ります。

こういう場面で自動調光機能のついたライトを点けていると安心です。

トンネルを抜けたら、小さな川を渡って、メインではない通りを走ります。

メインの道路はやっぱり大型車が多く、避けて通れるルートを取ります。

自転車で走る自分も安全ですし、ドライバーの方にも余計なストレスを与えない、道路を共有するもの同士、お互いおもいやる心が大事ですよね(^^)/

しばらく走っていると、不思議な橋を発見!車だと見過ごしてしまいそうなところですが、自転車だとこういう発見もできるのでいいですよね~

自転車を置いて反対側に回ってみると、橋の正体がわかりました。

小さな橋ですが、この地域の歴史を感じられる貴重な建造物です。

図らずもいいものが見れたな~と思いながら、川筋にそって進みます。

しばらくすると、メインの58号線に合流しますが、2車線になるので、比較的車道が走りやすいです。

らんかん橋から3㎞ほど走ると、向島の入り口に到着します。

看板のとおり、右折して向島にゴー!

向島に渡る橋の前ではタヌキの親子が迎えてくれます。

向島はタヌキの生息地として国の天然記念物に指定されていますが、近年は数をかなり減らしているとのこと…人間の暮らしが便利になる一方、こうして数を減らしてしまう生き物もいる…いろいろ考えさせられますね。

そんなこんなで向島に上陸!

本土と向島をつなぐ、「錦橋」です。

線路もないのに遮断器があるのは、この橋が可動橋だからです。大きな船がこの橋を航行するときに、旋回するようにできているので、稼働時は遮断器が降りるようになっています。

…が大きな船の航行が今はほとんどなく、めったに稼働しないそう。う~ん見てみたい。

 

上陸後の様子は、その②へ続く!